NPB 野手 通算記録 MLB 野手 通算記録
シーズン記録 シーズン記録
投手 通算記録 投手 通算記録
シーズン記録 シーズン記録
日本人
メジャーリーガー
野手 通算記録
シーズン記録
投手 通算記録
シーズン記録

2008年07月13日

当ブログを立ち上げたきっかけ

私は以前から野球の記録関係に強い関心を持っています。野球の記録の優れているところは、↓↓のような点にあると思います。


・優れている選手かどうかを比較的簡単に判断することができる。

・本来なら比較することのできない時代の異なる選手同士を比較することができる。見たことのない過去の偉大な選手も現在の選手と比較したりすることが一応可能です。

・成績を眺めていると、一見大したことの無いような選手にも優れている点やある特徴が見つかり、意外な一面が見れたりするといった新しい発見がある。

・見た目は同じ成績でも、その時代背景やリーグのレベル、球場など様々な条件があり、これがまた議論の種となります。選手を評価できそうで絶対的な評価とはなりえない。この微妙なところが野球の記録の魅力ではないでしょうか。



余談ですが、もし野球の記録が数字だけで全て優劣がつくものだったら、多分記録好きにはなっていなかったと思います(結論は数字出すだけでお仕舞いですからね)。


プロフィールにもありますが、この記録に関してNPBは非常に動きが疎い。

MLBは公式ページの他、記録を扱っているHPがいくつもあり、その気になればかなり詳細な記録を調査することも可能です(多分私は2割くらいしか扱えない)。

一方NPBは公式ページをご覧になるとわかりますが、年代別成績や歴代記録がちょこっとだけ掲載しているだけ(これでも大分マシになった方)。

その代わりに数年に一度、20000円くらいする分厚い本を発行しているんですね。10年前ならともかく、この御時勢でも記録を本で売ろうとするんですから、大した商売根性ですよ(この本はこの本で優れているので否定はしません。ってか1冊持ってますし)。

というわけで日本人は記録に注目する人はまだまだ少ないと思います。そりゃコアなファンならともかく、普通のファンの人は1000ページ以上もある記録の本なんか読むわけないですよね。でも、知ればまた違った視点から野球を見れるようになるので面白いと思いますよ。

自分の好きな選手が歴代で見ればどのくらい優れた選手なのか、あとどのくらい活躍すればあの偉大な選手を超えることができるのか。といったことを注目しながら見ると一層野球に興味を持てるのではないかと思います。


というわけで、長くなりましたが、野球の記録を普通のファンでも簡単に調査できるようなページが作れないかということで、このページを立ち上げることにしました。野球の魅力に気づいたり、興味が増す手助けとなればと思います。

できる限り見やすく作るつもりですが、見づらい点がありましたらご指摘頂ければと思います。2008年度プロ野球終了後も、本業のお仕事と相談しながらじっくりと更新していきたいと思います。

末永く応援よろしくお願いしますm(_ _)m
タグ:その他
【関連する記事】
posted by nikki at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談・他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102787845

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。